業務内容
BUSINESS

非鉄金属を含む、あらゆる金属製品の溶剤型焼付塗装及び粉体塗装

金属塗装とは

沿革としての歴史は古く、古代文明では塗料としてアスファルトが用いられており、 彫像の着色や甲冑の防食・着色などに
用いられていました。
溶剤で希釈して使用する油性塗料は、18世紀の半ばより広く使われ始め、 我が国へは明治時代に西洋の技術として
導入され現在に至っています。
主として、非鉄金属を含むあらゆる金属製品に、焼付型の専用塗料(熱硬化型合成樹脂)を噴霧、コーティングし
150℃~200℃(種類により異なります)程度の熱カロリーを与えて完全硬化させる技術であり、その目的としては

①製品の保護  = 磨耗の防止、水・油・薬品などから防食機能
②外観の向上  = 彩色、光沢等の付与により製品自体の付加価値を向上させる
③機能性の付与 = 耐熱、畜光、導電性、遮熱塗料等のコーティングにより製品に様々な機能を持たせることができる

の3点があります。
その他弊社では、有機溶剤などの溶媒を用いず、塗膜系成分のみで配合されている粉末状の塗料を使用し、そのパウダーに
帯電させ、噴霧することによりアースした製品に効率よく塗装ができる静電粉体塗装も行っております。
これはVOCなどの揮発成分を含んでいないため、大気を汚染することなく、 また、作業者を含め周辺環境にも配慮でき、
かつ危険物の保管負担がないというメリットがあります。

製品紹介

[写真]

工業製品

  • 各種工作機械、専用機
  • 制御盤及び其の関連部品
[写真]

産業用機械

  • 工業用ミシン
  • 航空機関連
[写真]

建築用金物

  • アルミ建材
  • ステンレス金物
  • 製作モニュメント等

取扱い樹脂

  • アクリル樹脂、フッ素樹脂、ウレタン樹脂
  • シリコン樹脂、セラミック樹脂、メラミン樹脂
その他
抗菌塗料、粉体塗料(エポキシ、ポリエステル)、
各種模様塗料